丁卯丸【長州藩 スクーナー級 幕末軍艦】

丁卯丸【長州藩 スクーナー級 幕末軍艦】

※この史跡はまだ評価がありません※

丁卯丸
藩名 長州藩
藩主 毛利慶親
船種 スクーナ-級
機関 蒸気内車
備砲 5門
材質 木製
馬力 0馬力
写真 絵図

■ 詳細
建造時の仮称は「ヒンダ(Hinda)」と称し、イギリス・ロンドンで建造され、慶応4年1月(1868年1月)に長州藩が購入した。当初の艦名は「丁卯丸」と呼ばれ、後に「第一丁卯」と呼ばれるようになる。

函館戦争では弁天台場砲撃に参加し、朝陽丸・春日丸と共に矢不来の新選組防御陣地を艦砲射撃し、これを駆逐した。その後、弁天台場砲撃にも参加するが、この時には朝陽と二隻掛かりで攻めたが旧幕府軍の「蟠龍丸」に逆襲されて朝陽丸を失った。

明治3年(1870年)に政府に献納、同年5月8日(1870年6月6日)に兵部省所管となった。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る