日進丸【佐賀藩 バーク級巡洋艦 幕末軍艦】

日進丸【佐賀藩 バーク船 幕末軍艦】
※この史跡はまだ評価がありません※

日進丸
藩名 佐賀藩
藩主 鍋島閑奏
船種 バーク級巡洋艦
機関 蒸気
備砲 10門
材質 木製
馬力 710馬力
写真

1869年にオランダ・ドレクトルト市で製造された1468トン級の蒸気輸送艦。慶応3年(1867年)、佐賀藩の「佐野常民」がバーク式帆走型の3本マストを持つ蒸気スクーナーとしてオランダのギプス社に発注し、明治3年(1870年)3月に長崎に回航され、日進丸と命名された。

しかし、程なく新政府軍の軍籍となり「日進艦」と改名された。日本海軍草創期の主力艦として活躍し、台湾出兵、西南戦争などに参加した。西南戦争では熊本県河内・塩屋の薩摩軍を艦砲射撃し、政府軍の上陸作戦を支援した。その他、海上封鎖作戦や輸送艦の護衛等に従事した。

明治18年に練習艦となり、明治25年には廃艦となった。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る