安行丸(伊呂波丸と同一船)【薩摩藩 輸送船 幕末軍艦】

安行丸(伊呂波丸と同一船)【薩摩藩 輸送船 幕末軍艦】

※この史跡はまだ評価がありません※

安行丸
藩名 薩摩藩
藩主 島津斉淋
船種 輸送船
機関 蒸気内車
備砲 0門
材質 鉄製
馬力 45馬力
写真 スケッチ

■ 詳細
1863年9月に薩摩藩がグラバーより購入した船で原名は「サーラ」。
1862年、イギリスのグリーノックで建造された全長54m、45馬力、160トンの鉄製式スクリュー蒸気船である。

文久3年9月3日、薩摩藩が長崎でグラバーより購入し「安行丸」と命名したが、慶応元年にボードインに売却した。その後、慶応3年、坂本龍馬の薦めで大洲藩が7万ドルで購入し、海援隊に貸し出した。

同年、長崎から大坂への航行中に紀州藩船「明光丸」と衝突して沈没。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る