電流丸【佐賀藩 クリッパー級コルベット船 幕末軍艦】

電流丸【佐賀藩 クリッパー級コルベット船 幕末軍艦】
※この史跡はまだ評価がありません※

電流丸
藩名 佐賀藩
藩主 鍋島閑奏
船種 クリッパー級コルベット船
機関 蒸気内車
備砲 21門
材質 木骨鉄皮
馬力 100馬力
写真 絵図

■ 詳細
安政3年(1856年)にオランダ・ロッテルダムで竣工され、原名は「ナガサキ」。
安政5年10月(1858年)に佐賀藩が10万ドルで購入し、藩の港であった三重津海軍所で運用された。同海軍所で「電流丸」の蒸気罐製造の製作場が設けられ「田中久重」らがその担当者になったと記録されている。

明治元年(慶応4年)3月26日に大阪天保山沖で日本初の観艦式が行われ、電流丸は旗艦として参加した。明治4年(1871年)に明治政府への献納の申し出があったが老朽艦のため大砲のみ受け渡して、同年6月に伊万里で売却解体された。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る