翔凰丸【薩摩藩 仮装軍艦 幕末軍艦】

翔凰丸【薩摩藩 バーク船 幕末軍艦】

※この史跡はまだ評価がありません※

翔凰丸
藩名 薩摩藩
藩主 島津斉淋
船種 仮装軍艦
機関 蒸気内車
備砲 4門
材質 鉄製
馬力 不明
写真

■ 詳細
翔凰丸は薩摩藩が保有した木造帆船の軍艦(輸送艦)で、元治元(1864)年4月8日にイギリスより12万ドルで購入した。慶応3年(1868年)1月19日の江戸薩摩藩邸の焼討事件の際、薩摩藩士や薩摩藩に属していた浪士集団の避難に用いられ、旧幕府海軍の咸臨丸、回天丸の追跡を受けたが逃走に成功した。

慶応4年(1868年)1月28日の阿波沖海戦で、僚艦の「春日丸」とともに、旧幕府軍の旗艦「開陽丸」と交戦し、艦尾に被弾して火災を引き起こして座礁・自焼した。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る