春日丸【薩摩藩 仮装軍艦 幕末軍艦】

春日丸【薩摩藩 バーク船 幕末軍艦】

※この史跡はまだ評価がありません※

春日丸
藩名 薩摩藩
藩主 島津斉淋
船種 仮装軍艦
機関 蒸気外輪
備砲 14門
材質 木製
馬力 300馬力
写真

■ 詳細
春日丸は木製外輪船で、イギリス船籍のキャンスー号(江蘇)という貨物船であったが、それを1867年11月3日に薩摩藩の「赤塚源六」が16万両で購入し、春日丸と改名させて就役させた。

幕府と薩摩・長州の間が険悪になる中、鳥羽伏見の戦いが勃発すると開陽丸と春日丸は阿波沖にて砲撃戦を行った。これが日本史上初の近代的蒸気船同士の海戦である(阿波沖海戦)。春日丸はこの海戦の後、鹿児島に帰港している。

その後、春日丸は旧幕府軍討伐の遠征隊に参加する。旧幕府軍は榎本武揚を総裁に蝦夷共和国を建国した。これを討伐するべく、宮古湾の北に停泊している時に、遠征隊は幕府の軍艦「回天丸」の奇襲を受けた。回天丸は明治政府の新鋭装甲艦「甲鉄」を急襲し、接舷切込みを仕掛けたが、甲鉄のガトリング砲と春日丸の大砲により撃退された(宮古湾海戦)。

この戦で30名の戦死傷者を出した。この後、春日丸は箱館湾海戦など旧幕府軍の降伏まで海事に参加した。






1863年イギリスのカウス港で建造、慶応3(1867)年11月3日に薩摩に売却。
本来は通報艦だがその速力と大きさから砲を備え付けて、快速の戦艦として戊辰戦争から西南戦争まで活躍した。






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る