翔風丸【久留米藩 商業用帆前船 幕末軍艦】

翔風丸【久留米藩 商業用帆前船 幕末軍艦】

※この史跡はまだ評価がありません※

翔風丸
藩名 久留米藩
藩主 有馬慶親
船種 バーク船
機関 帆走
備砲 6門
材質 木製
馬力 0馬力
写真

1863年シンガポール製。原名「メレセン」長16間2尺・幅3間4尺・140トンの木製帆船で、1866年ポルトガル商人より久留米藩が購入した。

久留米藩は元治元年(1864年)1月に、英国から蒸気艦船「雄飛丸」を購入して洋式海軍を創設。翌年には米国から木造帆船「玄鳥丸」を購入し、英国からは木造蒸気船「晨風丸(100馬力)」と、木造帆船「翔風丸」「遼鶴丸」、蒸気艦船「神雀丸(8馬力)」の3隻を購入して兵式も西洋方式とし、幕府、薩摩藩、佐賀藩につぐ強力な海軍力をつくり上げた。

なお、翔風丸には大砲が6門設置されていた。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る