神護丸【姫路藩 スクーナー船 幕末軍艦】

神護丸【姫路藩 スクーナー船 幕末軍艦】

※この史跡はまだ評価がありません※

神護丸
藩名 姫路藩
藩主 酒井忠宝
船種 スクーナー船
機関 帆走
備砲 0門
材質 木製
馬力 0馬力
写真 絵図

■ 詳細
元々は姫路藩内の漁師が漂流中にアメリカ船に救助され、その4人が帰国した際に洋式船を建造させた。
速鳥丸、金花丸と続き、文久3年(1863年)6月に「神護丸」は建造された。長さ18間(32.7m)・幅4間(7.3m)・1200石積み、帆装形式はスクーナーであった。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る