大野丸【大野藩 スクーナー船 幕末軍艦】

大野丸【大野藩 スクーナー船 幕末軍艦】
4/5 (1)

大野丸
藩名 大野藩
藩主 堀利忠
船種 スクーナー船
機関 帆走
備砲 0門
材質 木製
馬力 0馬力
写真 絵図

■ 詳細
長18間・幅4間・国産。
江戸時代末期の安政年間に、大野藩が樺太開拓用に建造した西洋式帆船。日本の国産洋式帆船として初期の例のひとつで、幕府建造の「箱館丸」などと同型である。主に交易に使用されており大野藩の金庫を潤わせた。

元治元年(1864年)8月24日、択捉島へ鮭の積み取りに向かう途中、根室沖で座礁し沈没した。乗員は搭載の伝馬船で脱出し、全員無事であった。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る