鳳凰丸【江戸幕府 パーク級輸送船 幕末軍艦】

鳳凰丸【江戸幕府 パーク級輸送船 幕末軍艦】

※この史跡はまだ評価がありません※

鳳凰丸
藩名 江戸幕府
藩主 徳川慶喜
船種 パーク級輸送船
機関 帆走
備砲 0門
材質 木製
馬力 0馬力
写真 スケッチ

■ 詳細
「鳳凰丸」幕府が建造した日本で最初の洋式帆走艦船である。竣工翌日の嘉永7年(1854年)6月7日に試験航海を無事に終えた。翌、安政2年(1855年)4月18日に老中や若年寄ら幕府要人の観閲を受けた際には、高度な逆風航行や射撃演習なども行い、非常に好評だった。この時は、浦賀奉行所の中島・佐々倉の両名が副将(副長)として指揮を執った。

軍艦として着工された本船であったが、すでに軍艦の主流は蒸気船に移っており、旧式であることは否めなかった。そのため、主に輸送船として使用され、慶応2年(1866年)には、石川島造船所で大規模な修理工事を受けている。勝海舟によればこのときに豊島形へと改装されたと伝わっているが真偽の程は疑わしい。

戊辰戦争時には「太江丸」とともに仙台藩に輸送船として貸し出され、榎本武揚率いる旧幕府海軍脱走艦隊が同地へ寄港した際に返却された。榎本艦隊に輸送船として加入した「鳳凰丸」は明治元年(1868年)12月1日に宮古湾を出航し、12月3日に僚艦7隻とともに蝦夷地・鷲ノ木へ到着、乗船した部隊を上陸させた。

その後の箱館戦争を生き延び、五稜郭陥落後の明治2年(1869年)7月15日に室蘭駐屯の開拓方305名を乗せて砂原村へ赴き、新政府軍に投降した。明治政府では初めは兵部省に在籍したが、まもなく大蔵省へと移管された。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る