乾行丸【薩摩藩 パーク級砲艦 幕末軍艦】

乾行丸【薩摩藩 パーク級砲艦 幕末軍艦】
※この史跡はまだ評価がありません※

乾行丸
藩名 薩摩藩
藩主 島津斉淋
船種 パーク級砲艦
機関 蒸気内車
備砲 6門
材質 木製
馬力 130馬力
写真 絵図

■ 詳細
元イギリス海軍のアロー級砲艦ビーグルが民間に売却されストークとなったものを薩摩藩が元治1年5月(1864年)に購入し、長崎で受領し「乾行丸」と命名された。戊辰戦争では寺泊沖海戦に参加し、旧幕府輸送艦「順動丸」を自沈に追い込んだ。

明治3年4月(1870年)には新政府軍へ献納され、兵部省所管とし「乾行」と改名する。その後故障が多い為機関が撤去され、係泊練習艦として使用された。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る