雲行丸【薩摩藩 輸送船 幕末軍艦】

雲行丸【薩摩藩 バーク船 幕末軍艦】

※この史跡はまだ評価がありません※

雲行丸
藩名 薩摩藩
藩主 島津斉淋
船種 輸送船
機関 蒸気外輪
備砲 0門
材質 木製
馬力 不明
写真 絵図

■ 詳細
雲行丸は、幕末に薩摩藩が建造した蒸気船である。越通船と呼ばれる和洋折衷船に試作の蒸気機関を搭載したもので、日本で建造された最初の蒸気船である。

ジョン万次郎(捕鯨中に遭難しアメリカへ渡航)の情報を参考に、設計・建造したのが越通船と呼ばれる小型木造帆船である。長さ8間余(約14.5m)・幅1間3尺(約2.7m)・主マスト6間4尺余(約12.1m)であったと伝わる。

構造は和洋折衷で、西洋風に肋材で強化された船体を持つ一方、甲板の張り方や舵は和船式であった。2本マストで、和船風の四角い横帆を中心からずらして張った変則的なラグセイル帆装を有した。越通船は湾内での輸送用に使われ、嘉永7年(1854年)10月頃に江戸へと回航された。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る