大鵬丸【福岡藩 輸送船 幕末軍艦】

大鵬丸【福岡藩 輸送船 幕末軍艦】
※この史跡はまだ評価がありません※

大鵬丸
藩名 福岡藩
藩主 黒田斎博
船種 バーク船
機関 帆走
備砲 0門
材質 木製
馬力 0馬力
写真 絵図

藩主「黒田長薄」は藩主就任直後から藩政改革に取り組み、家臣たちを長崎へ派遣し、長崎砲台の増設、製錬所の開設、医学校「養生館」の創設などにも取り組んだ。

アメリカから日華丸、蒼阜丸、小鷹丸などを購入し、ケーベル銃、ウユルサンス銃、エンフィール銃などの西洋銃も購入した。大鵬丸(旧名コロンビア)は文久2年イキリスからグラバーの仲介にて購入した。大鵬丸は主に藩主が乗船する船として用いられた。

戊辰戦争が勃発すると「大鵬丸」は輸送船として敦賀港を経由して越後方面へ兵や物資を運んだ。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る