胡蝶丸【土佐藩 輸送船 幕末軍艦】

胡蝶丸【土佐藩 輸送船 幕末軍艦】
※この史跡はまだ評価がありません※

胡蝶丸
藩名 土佐藩
藩主 山内容堂
船種 輸送船
機関 蒸気外輪
備砲 0門
材質 鉄製
馬力 150馬力
写真 絵図

■ 詳細
原名フーキン「福健」。1862年に建造され、長23間5・幅4間2・146トン。元治元年(1864年)2月1日に長崎にて薩摩藩がイギリスより7万5千ドルで購入した鉄製蒸気外輪船である。以後、大坂の天保山に駐留し、京都から薩摩国元への交通を行っていた。

坂本龍馬が妻のお龍と薩摩藩に入港したのもこの「胡蝶丸」である。その後、オランダ商人ボードウィンに売却され、1866年に土佐藩が改めて7万ドルで購入した。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る