順風丸【福山藩 輸送船 幕末軍艦】

順風丸【福山藩 輸送船 幕末軍艦】
※この史跡はまだ評価がありません※

順風丸
藩名 福山藩
藩主 阿部正弘
船種 輸送船
機関 帆走
備砲 0門
材質 木製
馬力 0馬力
写真 絵図

■ 詳細
長18間5尺・幅4間1尺・800トンの帆船で国産である。順風丸は福山藩の藩船で、幕末の文久2年6月18日に進水式を行い、その後9月28日に竣工された。

造られた場所は、鞆港の江の浦元町界隈にあったとされる船座で造られた可能性が高いと伝わる。また、中浜万次郎(ジョン万次郎)が西洋型の汽船の雛形を作りそれをもとに建造されたそうである。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る