金花丸【姫路藩 スクーナー船 幕末軍艦】

金花丸【姫路藩 スクーナー船 幕末軍艦】
※この史跡はまだ評価がありません※

金花丸
藩名 姫路藩
藩主 酒井忠宝
船種 スクーナー船
機関 帆走
備砲 0門
材質 木製
馬力 0馬力
写真 絵図

■ 詳細
「速鳥丸」の建造後、安政6年6月(1859年7月頃)に「金花丸」、文久3年6月(1863年7-8月)には「神護丸」が建造されてた。金花丸は小型の二檣スクーナーで、要目は長さ8間(14.5m)・幅1間4尺(3.0m)・100石積みである。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る