速鳥丸【姫路藩 スクーナー船 幕末軍艦】

速鳥丸【姫路藩 スクーナー船 幕末軍艦】
※この史跡はまだ評価がありません※

速鳥丸
藩名 姫路藩
藩主 酒井忠宝
船種 スクーナー船
機関 帆走
備砲 0門
材質 木製
馬力 0馬力
写真

■ 詳細
長15間・幅3間・450石。
黒船来航によって大船建造の禁が解除された後、安政年間に姫路藩でも西洋式船舶の建造計画が持ち上がった。

安政4年(1857年)11月に御津造船所で起工され、安政5年(1858年)6月24日に進水し「速鳥丸」と命名された。船舷13間3尺(24.5m)・上通長15間(27.3m)・450石積みで、『大日本線路細見録』によれば長さ14間2尺(26.1m)・幅2間3尺5寸(4.7m)・トン数58.25トンであった。

なお、勝海舟の『船譜』によれば長さ15間(27.3m)・幅3間(5.5m)・450石積みという。2本のマストを備え、『軍艦速鳥丸図』では前部マストに横帆・後部マストに縦帆を張ったブリガンティンとして描かれているが、スクーナーと説く文献もある。

「速鳥丸」は、進水から約半月後の安政5年(1858年)7月15日に飾磨沖で試験航海を終えた。そして、計画通りに国内交易物資の輸送船として使用されることになった。最初の実用航海では江戸品川沖まで10日間で到着し、往路は米1000俵・木綿30個・石を100石と船客18人、復路は干鰯や大豆を無事に運んだ。以後も、米や木綿、砂糖、購入兵器などを運び、藩財政の立て直しに貢献した。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る