神風丸【津藩 スクーナー船 幕末軍艦】

神風丸【津藩 スクーナー船 幕末軍艦】

※この史跡はまだ評価がありません※

神風丸
藩名 津藩
藩主 藤堂高獣
船種 スクーナー船
機関 帆走
備砲 0門
材質 木製
馬力 0馬力
写真 絵図

■ 詳細
長18間・幅5間の国産された船である。
神風丸は万延元年(1860年)4月に初航海している。3本のマストが確認できる。勝海舟が記した記録によると「津藩 スクネル型 長十八間 幅五間 深三間四尺」と書かれている。

国産船の神風丸は乗組員の質にも問題があり、期待される十分な性能を見せることも無く活躍することはなかったようである。スクーナー型で、明治元年(1868年)には、岩田橋河口の贄崎に係留されたままになっていたという。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る