龜田丸【江戸幕府 スクーナー船 幕末軍艦】

龜田丸【江戸幕府 スクーナー船 幕末軍艦】
※この史跡はまだ評価がありません※

龜田丸
藩名 江戸幕府
藩主 徳川慶喜
船種 スクーナー船
機関 帆走
備砲 0門
材質 木製
馬力 0馬力
写真

■ 詳細
北海道最初の造船所を造った「高田屋嘉兵衛」のもとで、船大工として働いていた「続豊治」は、高田屋が没落するとやむを得ず仏壇製作大工となった。箱館奉行の「堀利熙」は豊治に船の建造を要請し、安政4年(1857)、西洋型帆船「箱館丸」が建造された。初めて日本人が建造した商船で、この時、豊治はすでに60歳であった。

重さ56トンの箱館丸は2本マストで、長さが30メートルもあった。堀が江戸へ戻る際に、豊治は息子の福士成豊と試船。その際に船の安全性とスピードが実証された。

豊治の造った西洋帆船の2隻目が「亀田丸」といい、この船は日本最初の出貿易船として知られている。五稜郭を設計したことで有名な「武田斐三郎」は、文久元年(1861年)に諸術調所の門下生とともに亀田丸に乗り、ロシアのニコライスクまで実習航海をした。その際に日本産の絹、馬鈴薯、米、しょうゆなどを販売した。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


(English) Japan / English

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る