美嘉保丸【江戸幕府 バーク級曳航船 幕末軍艦】

美嘉保丸【江戸幕府 バーク級曳航船 幕末軍艦】

3/5 (1)

美嘉保丸
藩名 江戸幕府
藩主 徳川慶喜
船種 バーク級曳航船
機関 帆走
備砲 0門
材質 木製
馬力 0馬力
写真 スケッチ

■ 詳細
プロシャで建造。原名「ブランデンブルグ」。1865年長崎で購入。榎本艦隊に輸送艦として参加し、開陽丸に曳航されながら北上するも鹿島灘で台風に遭遇。開陽との間を繋いでいたケーブル二本が切断され、房州沖の犬吠埼夫婦ヶ浜で座礁。乗組員は現場で解隊しそれぞれの道を歩んだ。

なお、旧幕府遊撃隊「伊庭八郎」もこの船に搭乗しており、一度江戸へ避難し再び函館五稜郭へ渡っている。榎本脱走艦隊の武器弾薬の多くがこの美嘉保丸に積載されていたため、榎本軍にとってこの座礁はのちの戦に大きく影響した。













※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る