鵬翔丸【江戸幕府 バーク級輸送船 幕末軍艦】

鵬翔丸【江戸幕府 バーク級輸送船 幕末軍艦】
※この史跡はまだ評価がありません※

鵬翔丸
藩名 江戸幕府
藩主 徳川慶喜
船種 バーク級輸送船
機関 帆走
備砲 4門
材質 木製
馬力 0馬力
写真

■ 詳細
鵬翔丸は、幕末に江戸幕府が保有した洋式帆船で、主に航海練習船として使用された。元は1857年に建造されたイギリス商船「カタリナ・テレジア」である。

安政5年(1858年)、佐賀藩がオランダに発注した工作機械を輸送して長崎港に寄港したところを、幕府が長崎海軍伝習所などで使用する練習船として購入した。横帆航行の練習用に適した船が求められたとも言われる。

本船は蒸気機関は持たない木造帆船で、長さ約36m・幅約7.5m・340トンという要目である。帆装形式は、勝海舟のまとめた『船譜』によれば、3本のマストのうち前2本に横帆、最後尾マストに縦帆を張った三檣バーク。

ホイセン・ファン・カッテンディーケは、スクーナーだったと述べているが、これは帆装形式ではなく軍艦の等級の区分の意味である可能性がある。武装として大砲4門を備えていた。万延元年(1860年)9月8日に下田沖で台風に巻きこまれて沈没した。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る