第二長崎丸【江戸幕府 スクーナー級輸送船 幕末軍艦】

第二長崎丸【江戸幕府 スクーナー級輸送船 幕末軍艦】
2/5 (1)

第二長崎丸
藩名 江戸幕府
藩主 徳川慶喜
船種 スクーナー級輸送船
機関 蒸気内車
備砲 0門
材質 鉄製
馬力 120馬力
写真 スケッチ

■ 詳細
長崎丸には同型艦が二隻有り、全て1863年イギリスから幕府が購入。第二長崎丸は原名「ジョンリー」。最後に造られただけ有って、長崎丸シリーズ中最高の鉄製船体にスクリュー装備である。幕府崩壊時、静岡藩徳川家に下賜されたが、脱走。榎本艦隊に合流した。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

    • 鳥海十四蔵
    • 2018年 5月 12日

    「長崎丸」は同名船が三隻あるが「同型艦」は存在しない。「第二長崎丸」の原名は「ジョンリー」ではなく「Shunlee」である。同船は榎本艦隊に合流後、庄内藩を応援するために「千代田型」とともに派遣されたが、到着時既に庄内藩は降伏しており、荒天避難していた酒田沖の飛島で座礁沈没した。沈没前に揚陸された舶載品を保管した同島の肝煎鈴木家から江戸東京博物館に寄贈され、一部が常設展で展示されている。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る