三邦丸【薩摩藩 蒸気内輪船 幕末軍艦】

三邦丸【薩摩藩 蒸気内輪船 幕末軍艦】

※この史跡はまだ評価がありません※

三邦丸
藩名 薩摩藩
藩主 島津斉淋
船種 蒸気内輪船
機関 蒸気船
備砲 0門
材質 鉄製
馬力 110馬力
写真

■ 詳細
薩摩藩の鉄製蒸気内輪船で「坂本龍馬」と「お龍」が新婚旅行で鹿児島に行くときに乗った船として有名である。原名を「ゼラール」といい、文久2年(1862)、イギリスのリクエブールで建造された。長さ29間半(約53.1m)幅3間4尺(約6.6m)、深さ1間1尺(約2.1m)。

110馬力の410トン。慶応元年(1865年)10月29日、長崎にて薩摩藩が8万ドルで購入した。慶応3年(1867年)8月1日、越前の「松平春嶽」から土佐の山内容堂に託された書状を持って、三邦丸の佐々木三四郎へ届けた坂本龍馬は、船中で「後藤象二郎」と談合中に三邦丸が兵庫を出帆してしまい、やむなく土佐藩の「佐々木三四郎」に同行することになる。

翌8月2日、土佐の須崎港に投錨したあと「山内容堂」に謁見したと伝わる。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る