伊呂波丸(いろは丸)【大洲藩 スクリュー汽船 幕末軍艦】

伊呂波丸【大洲藩 スクリュー汽船 幕末軍艦】

伊呂波丸(いろは丸)
藩名 大洲藩
藩主 加藤挙幹
船種 スクリュー汽船
機関 蒸気内車
備砲 0門
材質 鉄製
馬力 不明
写真 無(イラスト)

原名は「サーラ」で、鉄製スクリュー汽船としてイギリスのバーミンガムで建造された。
元々は薩摩藩がイギリス商人「グラバー」より購入し「安行丸」と命名して所有していたが、程なくボードインに売却した。大洲藩が蒸気船を所有する意思があったため「坂本龍馬」の仲介で購入し、伊呂波丸と命名した。

伊呂波丸は蒸気機関のほかマスト3本を持ち帆走も可能だった。1867年4月、大洲藩は、「坂本龍馬」の海援隊の海運業務のため、一航海15日につき500両の使用契約をした。5月22日、龍馬は大坂に物資を運ぶために長崎を出航したが、5月26日、紀州藩船「明光丸」と衝突し積荷もろとも沈没した。(いろは丸沈没事件)

その後、龍馬は後藤象二郎と共に、紀州藩と交渉を重ね賠償金を支払わせることに成功している。











  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る