乾元丸【徳島藩 スクリュー汽船 幕末軍艦】

乾元丸【徳島藩 スクリュー汽船 幕末軍艦】
※この史跡はまだ評価がありません※

乾元丸
藩名 徳島藩
藩主 蜂須賀斎祐
船種 スクリュー汽船
機関 蒸気船
備砲 0門
材質 木製
馬力 90馬力
写真 絵図

■ 詳細
幕末から明治初年に徳島藩が所有していた船は運輸船3隻であり、そのうち1隻は木造帆船の「通済丸」、2隻は木造汽船の「乾元丸」と「戊辰丸」であった。

乾元丸は原名を「セントロイス号」といいアメリカで製作され、文久2年(1862年)11 月に横浜で購入された。船種は木製螺旋汽船・帆柱3本、長276尺・幅45尺・深33尺・80馬力であった。

これらの船は、藍や塩など阿波国を代表する特産物を江戸などに運ぶ運輸船として使用された。乾元丸の購入は、徳島藩が本格的に運輸船を使った特産物販売の商法に重点を置いたことを示している。

この政策は、慶応4年に戊辰丸を購入することで、より推し進められていく。しかし、乾元丸は購入から7年後の明治2年(1869)頃、徳島藩での役割を終えて薩摩藩に売却されている。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る