小芙蓉丸【伊予松山藩 スクリュー汽船 幕末軍艦】

小□蓉丸【伊予松山藩 スクリュー汽船 幕末軍艦】

※この史跡はまだ評価がありません※

小芙蓉丸
藩名 伊予松山藩
藩主 久松定穀
船種 スクリュー汽船
機関 蒸気内車
備砲 0門
材質 鉄製
馬力 80馬力
写真

■ 詳細
原名「チウサン(舟山)」鉄製スクリュー汽船で、80馬力・長31間4・幅4間4・434トンと伝わる。慶応4年(1868)1月末、「杉孫七郎」率いる約500人の長州藩兵が30隻の船に分乗して、三津浜に進駐し、松山藩の軍艦「小芙蓉丸」はそのおり長州藩兵によって奪い取られた。

長州藩は奪い取った小芙蓉丸を華陽丸と改名し、慶応4年3月26日に大阪の天保山冲でおこなわれたわが国最初の観艦式に自藩艦船として参加させた。明治5年(1872)、華陽丸は売却され解体処分された。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る