丙辰丸【長州藩 砲艦 幕末軍艦】

丙辰丸【長州藩 砲艦 幕末軍艦】
※この史跡はまだ評価がありません※

丙辰丸
藩名 長州藩
藩主 毛利慶親
船種 砲艦
機関 帆走
備砲 2門
材質 木製
馬力 0馬力
写真 絵図

■ 詳細
1856年12月、長州藩の萩小畑で建造された日本初の洋式木造帆走船で庚申丸とほぼ同型艦である。武装としては船首両舷に大砲1門ずつが据えられていた。慶応2年(1866年)の四境戦争(長州征伐)では小倉口に出撃し癸亥丸、丙寅丸らと共に小倉藩の田野浦を砲撃した。

その後も三田尻と大坂間の輸送や戊辰戦争にも従軍した。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る