八雲丸一番【松江藩 スクリュー汽船 幕末軍艦】

八雲丸一番【松江藩 スクリュー汽船 幕末軍艦】

八雲丸一番
藩名 松江藩
藩主 松平定安
船種 スクリュー汽船
機関 蒸気内車
備砲 8門
材質 鉄製
馬力 80馬力
写真 絵図

■ 詳細
イギリス製で原名はガーゼリ。長30間・幅4間半・337トン。
鉄船の第一八雲丸は当時の新鋭艦で時代を先取りした松江藩の軍艦であった。将軍「徳川家茂」の上洛や、長州戦争で幕府の兵を大阪から広島に輸送するなどの活躍をした。

戊辰戦争が勃発するとその威力を発揮することなく能登沖で座礁し沈没した。











  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る