昌平丸(昇平丸)【江戸幕府 バーク帆船 幕末軍艦】

昌平丸【江戸幕府 バーク帆船 幕末軍艦】
※この史跡はまだ評価がありません※

昌平丸(昇平丸)
藩名 江戸幕府
藩主 徳川慶喜
船種 バーク帆船
機関 帆走
備砲 0門
材質 木製
馬力 0馬力
写真 スケッチ

■ 詳細
嘉永5年(1852年)12月27日に幕府に対して当時薩摩の庇護下にあった琉球王国の防衛を名目に、琉大砲船(洋式軍艦)の建造願いを提出した。薩摩藩主島津斉彬は、嘉永6年(1853年)4月29日に建造の許可が幕府から降りると、同5月29日に桜島瀬戸村造船所で「昇平丸(長15間・幅4間の洋式帆船)」を起工した。

嘉永7年(1854年)5月10日に竣工した鳳凰丸に続いて日本で2番目の洋式軍艦である。安政2年(1855年)1月26日に昇平丸と命名され、同年2月には江戸に回航の上、幕府に献上された。その後は品川に置かれ、長崎海軍伝習所への伝習生派遣など、主として練習艦として使用された。

明治維新後の明治2年(1869年)、昌平丸は咸臨丸と共に開拓使所管となり、輸送船として使われたが、明治3年(1870年)3月、松前沖で嵐に遭遇し北海道の上ノ国木の子村の猫澤海岸で高波により座礁して破船した。











※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る