岡本健三郎 宛 坂本龍馬の手紙 原書と現代文翻訳

岡本健三郎 宛 坂本龍馬の手紙 原書と現代文翻訳
※この史跡はまだ評価がありません※

岡本健三郎 宛

原文
唯今は御使被下難有、然ニ越前行は今日出達仕候よふ、後藤参政より昨日申被聞候。是も、もの〃ついでに鳥渡聞候事故、今日四ツ時に彼是取遣候為、私より後藤の方参り候はずニ致候。大兄御同行のことはまだ不申候得ども、今日は申出シ必御同行と存居申候。

夫であなた及私し家来一人〆三人ニて今日出足七ツ時頃よりも出かけ致度、其御心積ニて、先キ触大津の方迄御出し可被遣候よふ御頼申入候。秘ニ聞ク、越前侯は廿八日国を発シ上京と。夫で我等はよふ出足を急所也。先は早々、頓首。廿四日龍健三郎先生梅太郎左右

現代文
ただいまは、お使いを寄こして下されてありがとうございます。越前行きは今日出立するよう後藤参政(後藤象二郎:土佐藩高官)から言われました。これも、もののついでなのでちょっと聞いて下さい。今日四ツ時(夜10時)にこれを取りに来るために後藤の方から伺いに来ます。大兄(岡本健三郎:土佐藩士)御同行の話はまだしてませんが、今日話すので必ず同行出来ると思います。

それであなた及び私の家来1人~3人で今日の朝7時頃に出かけましょう。そのつもりでいて下さい。先に話した大津の方までお越し下さいませ。内密に聞くが、越前侯は28日に国を出発して上京のようです。なので我々は急いで向かわなければならない。まずは早々に。14日龍馬 健三郎先生へ(岡本健三郎:土佐藩士)

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


(English) Japan / English

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る