坂本乙女 宛

坂本乙女 宛手紙
※この史跡はまだ評価がありません※

坂本乙女 宛

原文
西町蔵母ハいかゞ、定きづかいなるべし。然レバ蔵ハ此頃相不変一軍─四百人計─の参謀となり、戦場ニも鞭をとり、馬上ニて見廻りなど仕候。事なき時ハ自ら好て軍艦ニ乗組候て稽古致し候。勢盛なる事ニて候。先日もはからずあい申候て色々大はなし致し候。むかし西町のさハぎなどたがいニ申、実ニおもしろし。かの方へ御申し。かしこ。
現代文
西町の小高坂の池内蔵太の母はいかがですか?気にかけていますよ。内蔵太はこの頃も相変わらず400人くらいの軍の参謀であり、戦場でも鞭をとって、馬に乗って見回りなどをしています。時間がある時は、自分で好んで軍艦に乗って訓練などもしています。実に熱心なことです。先日も大いに色々な話をしました。むかし、西町の騒ぎ(上士と郷士の間で起こった刃傷事件)などをお互いに話して実に懐かしいです。池家族へも宜しくお伝え下さい。

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る