岩下佐次右衛門・吉井友実 宛

岩下佐次右衛門・吉井友実 宛 坂本龍馬の手紙 原書と現代文翻訳
※この史跡はまだ評価がありません※
原文
一筆啓上。然ニ私ニ非レバたれか上関迄出し候心積ニ候所、此頃御国より相廻り候船、下の関ニ参候時節、人なく幸ニ黒田了介殿御出ニ候得共、今少し御留りの儀故ニ無是非候。私とても了介殿御同伴上坂も致候。芸永井主人が事ハ兼而長州の政府の論の如ク相辨候所、永井曰ク、然レバ諸隊頭立候者ニ面会可致と、則諸隊頭立候もの面会せり。案ズルニ永井ハ諸隊の者と政府の論と、甚ことなり候心積也。故、政府をたすけ諸隊を撃、或ハ諸隊を助ケて政府を撃との論のよしなり。京よりミブ浪人同伴ニて帰りし、長人ハ虎口をのがれしと大ニ笑合候。上下一和兵勢の盛なる、以長第一とすべく存候。何レ近程ニも上京御咄申上候。〆岩下佐次兵様坂本龍馬吉井幸輔様直陰
現代文
昨日山口より中島四郎(長州藩海軍)、能間百合熊(財満百合熊のこと長州藩海軍)、福原三蔵(奇兵隊士)の他要人が山田宇右衛門(長州藩士)とかいう人ときました。いまだにユニオン号の話し合いもまとまらないけれど、思うに、今日中に話がまとまるだろう。山口から桂小五郎(木戸孝允)の長い手紙が届いて、予定よりも半日も早く京都へ向かうと言われました。されど今回の京都行きは私一人のほかは、船の操縦に詳しい人がいないため、誰かほかに詳しい人がいればなお都合が良いのですが。一、山口には薩摩藩の黒田了介という人がきているので、この人と共に桂さんは先日京都へ行くことに決まりました。この桂さんに諸隊の者が7・8人同行します。(薩長同盟のため)一、私の船は正月2日・3日頃に出港すると思うがいまだに不明です。上記のように出港出来ればと思ってます。29日印藤様龍馬より

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


みんなの史跡評価ランキング

1 八王子城:豊臣軍に落とされた北条氏照の居城 日本100名城の一つ八王子城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (3)
2 岩屋城:名将高橋紹運が島津忠長の大軍を一手に迎えて玉砕・落城した岩屋城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (3)
3 唐津城:豊臣家の寺沢広高が築城し幕末には小笠原長道が居城 唐津城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (2)
4 姫路城:白壁が美しい白鷺城 ユネスコ世界遺産 現存天守国宝 姫路城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (2)
5 名古屋城:豊臣秀頼への抑えとして天下普請により築城 御三家徳川義直の名古屋城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (2)
6 松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (2)
7 首里城:尚氏が長年統治した琉球王朝 江戸時代初期薩摩藩の侵攻にて開城した首里城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (2)
8 岡山城:乱世の梟雄 宇喜多直家・秀家の居城 岡山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (2)
9 郡上八幡城:戦国期は遠藤慶隆が城主であり幕末時は青山家の居城 郡上八幡城【日本の歴史 お城特集】
5/5 (2)
10 竹田城:圧倒的な石垣に囲まれた典型的な山城 赤松広秀が大改修した天空の城 竹田城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (2)

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る