渋谷彦介 宛

※この史跡はまだ評価がありません※

渋谷彦介 宛

原文
〇坂本龍馬ヨリ渋谷彦助へー将軍上洛ノ件薩州御藩渋谷彦助様坂本龍馬足下 〆二白、本文ニ土方楠左ハ国本より出候もの〃内ニハ一寄咄合て遣候ものニて候よし、時情も存候ものなり。以後御引合在之候時ハ必此者がよろしく候、かしこ。其後益御安泰奉大賀候。然バ此度土方楠左衛門上国より下り候。此者の咄、将軍家曽て伝聞の通り既ニ発足。東海道通行軍旅候て、人数五万と申事のよし、一件に付岩下左兄早々蒸気船を以て御国許ニ帰られ、今月十日頃ニハ西吉兄及小大夫など御同伴のよし承り候、夫ニ付てハ私よりハ書状ハ御国ヘハ出し不申、兎も角も御老の上雅兄よろしく土方楠左より長及時勢被聞取の上久ハ敷御国ニ御伝ヘ可被下候、先ハ早々謹白候。末五月五日龍馬渋彦大人足下追々来五月六日桂小五郎山口より参り面会仕候所、惣方長州の論とハかわり余程大丈夫ニてたのもしく存候。当時小五郎ハ大ニ用られ国論なとも取定候事書出候よしニて、ともに々よろこび候事ニ御座候、かしこ
現代文
坂本龍馬から渋谷彦助へ将軍上洛の件薩摩藩渋谷彦助様坂本龍馬追伸土方楠左衛門久元は土佐より出てきたものですでに打ち合わせをしており事情も存じております。以後お会いした際は土方のことも宜しくお願い致します。ますますご安泰のようで大変目出たいと思います。この度土方楠左衛門久元は京都よりそちらへ向かいました。この者の話では、将軍家はかつての伝聞の通りすでに出発しました。東海道通行の行軍にて、人数は5万人とのこです。岩下左次右衛門方平は早々に蒸気船で薩摩に帰られ今月10日頃には西郷吉之助、及び小松帯刀などが上京するので、私からの手紙はお国へは送りません。とにかく、お考えの上、渋谷彦助どのには宜しく、土方楠左衛門久元より長州及び時世について詳しくお聞きの上御国元へお伝え下さいませ。まずは早々にお願いします。5月5日龍馬渋谷彦助様追伸5月6日は桂小五郎が山口から来て面会します。この人は長州の一般的な尊穣派とは違いよほどの人で頼もしい人です。当時、桂小五郎は大いに用いられ国論なども取りまとめているので、ともに喜ばしいことです。

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る