坂本乙女 宛(姉乙女に千葉佐那を紹介)


※この史跡はまだ評価がありません※

坂本乙女 宛(姉乙女に千葉佐那を紹介)

原文
此はなしハまづ々人にゆハれんぞよ。すこしわけがある。長刀順付ハ千葉先生より越前老公へあがり候人江、御申付ニて書きたるなり。此人ハおさなというなり。本ハ乙女とい〃しなり。今年廿六歳ニなり候。馬によくのり剣も余程手づよく、長刀も出来、力ハなみ々の男子よりつよく、先たとへバうちにむかしをり候ぎんという女の、力料斗も御座候べし。かほかたち平井より少しよし。十三弦のことよくひき、十四歳の時皆伝いたし申候よし。そしてゑもかき申候。心ばへ大丈夫ニて男子などをよばず。夫ニいたりてしづかなる人なり。ものかずいはず、まあ々今の平井々。〇先日の御文難有拝見。杉山へ御願の事も拝見いたし候。其返しハ後より々。十四日乙様龍
現代文
この話はまずあまり人には言えないよ、これには若干の訳がある。なぎなた目録のことは、千葉先生の道場から越前藩の松平春嶽に仕える人の事で、そのことを書きますね。(龍馬は恐らくこの前に「北辰一刀流なぎなた免許皆伝」の目録を姉の乙女に送っており、その中に千葉先生の娘の佐那の名前も記載されており、姉がこの人は誰だ?との質問の手紙への返信と考えられます。)この人はお佐那と言います。本名は乙女と言い偶然にも姉さんと同じです。今年16歳になります。馬にもよく乗り、剣も出来、なぎなたも出来、力は並みの男子より強く、まず例えばうちに昔いたギンという女の力量くらいはあります。容姿は平井加尾(龍馬初恋の人「平井収二郎の妹」)より少しいいです琴を良く弾き、14歳の時に皆伝(免許)したようです。こころばえが強く、そこらの男子では及ばず、それでいて物静かな人です。まぁ今の平井平井(龍馬の初恋の平井加尾と同じような感じ)先日のお手紙ありがたく拝見しました。杉山へのお願いの事も拝見しました。この返信はまた後ほど。14日乙女様龍馬

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る