坂本乙女 宛(エヘンの手紙その一)

※この史跡はまだ評価がありません※

坂本乙女 宛(エヘンの手紙その一)

原文
此頃ハ天下無二の軍学者勝麟太郎という大先生に門人となり、ことの外かわいがられ候て、先きゃくぶんのようなものになり申候。ちかきうちには大坂より十里あまりの地にて、兵庫という所にて、おおきに海軍をおしえ候所をこしらえ、又四十間、五十間もある船をこしらえ、でしどもにも四五百人も諸方よりあつまり候事、私初栄太郎なども其海軍所に稽古学問いたし、時々船乗のけいこもいたし、けいこ船の蒸気船をもって近々のうち、土佐の方へも参り申候。その節御目にかかり申すべく候。私の存じ付は、このせつ兄上にもおおきに御どういなされ、それはおもしろい、やれやれと御もうしのつごうにて候あいだ、いぜんももうし候とうり軍さでもはじまり候時はそれまでの命。ことし命あれば私四十歳になり候を、むかしいいし事を御引合なされたまえ。すこしエヘンにかおしてひそかにおり申候。達人の見るまなこはおそろしきものとや、つれづれにもこれあり。猶エヘンエヘン、かしこ龍馬五月十七日乙女姉御本右の事は、まずまずあいだがらへも、すこしもいうては、見込のちがう人あるからは、おひとりにて御聞おき。かしこ
現代文
この頃は天下無二の軍学者「勝麟太郎(勝海舟)」という大先生の門人になり、ことの他かわいがって下さいまして、客分のようなものになっております。近いうちは大阪から十里あまりの場所の兵庫というところで海軍所を造り、また四十間、五十間もある船を造ります。弟子どもも4・5百人も諸方より集まりますので、高松太郎(龍馬の甥)などもこの海軍所に稽古学問して、時々船の訓練もしています。訓練の船は蒸気船で、近いうちには土佐(龍馬の実家)の方へも行きます。その節はお目にかかれたらと思います。このことは、兄さんにも同意して頂き、「それは面白い」「やれやれ」と言ってくれました。以前も言いました通り、戦争でも始まればそれはそれまでの命です。今年も命があって生き延びて、私が40歳になった時には、「戦争で早死にするかも」なんて昔は言っていたぞ、と笑い話にして下さい。少しばかり「エヘンどうだ」という顔を、内緒でしております。「達人(名人)の見るなまこは大したもの」と、徒然草にも書いてあります。なおも「エヘン」「エヘン」(ここで言う達人とは勝海舟のことで、勝のような知識人からも一目おいて頂いている自分に対して、エヘン・エヘンとお茶目に自慢している。こういう他人に見られては恥ずかしいような自慢話も書いてあるので、お姉さん、他人には見せないで下さいね、という意図もあったと想像する)龍馬5月17日乙女姉さんへ上記の事は、親戚知人へも言わないほうがいいですよ。意見の違う人もいるから姉さん一人で読んで下さいね。

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る