坂本乙女 宛(脱藩後初の手紙)

坂本乙女 宛(脱藩後初の手紙)
5/5 (1)

坂本乙女 宛(脱藩後初の手紙)

原文
扨も/\人間の一世ハがてんの行ぬハ元よりの事、うんのわるいものハふろよりいでんとして、きんたまをつめわりて死ぬるものもあり。夫とくらべてハ私などハ、うんがつよくなにほど死ぬるバへでゝもしなれず、じぶんでしのふと思ふても又いきねバならん事ニなり、今にてハ日本第一の人物勝憐太郎殿という人にでしになり、日々兼而思付所をせいといたしおり申候。其故に私年四十歳になるころまでハ、うちにハかへらんよふニいたし申つもりにて、あにさんにもそふだんいたし候所、このごろハおゝきに御きげんよろしくなり、そのおゆるしがいで申候。国のため天下のためちからおつくしおり申候。どふぞおんよろこびねがいあげ、かしこ。三月廿日龍乙様御つきあいの人ニも、極御心安き人ニハ内御見せ、かしこ。
現代文
さても人間のひとよは合点のいかぬは元よりの事。運の悪い人は風呂へ入ろうとするときに、金玉(睾丸)を打っただけでも死ぬものです。それに比べれば私などは、運が強くて死ぬような場所でも死なず、自分で死のうと思っても、また生きねばならんということになり、今は勝麟太郎(勝海舟)殿という人の弟子になり、かねてから思っていることに精を出しております。それゆえ40歳になる頃までは家には帰らないつもりでいることを兄さんにも相談しました。このごろはご機嫌も宜しいようでお許しを頂きました。国のため、天下のため、力をつくしております。喜んでいて下さいね。3月20日龍馬乙女様お付き合いの人にも、親しい人にもこの手紙を見せてあげて下さい。

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る