坂本八平(父)宛(最古の手紙)

坂本八平(父)宛(最古の手紙)坂本龍馬の手紙 原書と現代文翻訳
5/5 (1)

坂本八平(父)宛(最古の手紙)

原文
一筆啓上仕候。秋気次第に相増候所、愈々御機嫌能可被成御座、目出度千万存奉候。次に私儀無異に相暮申候。御休心可被成下候。兄御許にアメリカ沙汰申上候に付、御覧可被成候。先は急用御座候に付、早書乱書御推覧可被成候。異国船御手宛(沿岸警備)の儀は先免ぜられ候が、来春は又人数に加はり可申奉存候。恐惶謹言。九月廿三日龍御尊父様御貴下御状被下、難有次第に奉存候。金子御送り被仰付、何よりの品に御座候。異国船処々に来り候由に候へば、軍も近き内と奉存候。其節は異国の首を打取り、帰国可仕候。かしく
現代文
一筆書かせて頂きます。秋がますます深まってきまして、いよいよご機嫌もよく、めでたいことと思います。私は別段変りありません。兄さんへ、まずペリー艦隊に関することを書きます。忙しいので簡潔に書かせて頂きますね。沿岸警備(土佐藩の江戸湾警備)のことは免ぜられましたが、来春にはまた人数を増やすようです。9月23日龍馬お父様へお手紙を頂きましてありがとうございます。仕送りも頂きまして何より助かりました。外国の船(ペリー艦隊やプチャーチン艦隊など)が日本に来ているので出陣も近いかと思います。その際は、外国人の首を打ち取って帰国したいと思ってます。かしく(手紙の文末にかく言葉)

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る