土方歳三【新撰組隊士 副長 幕末】

土方歳三【新撰組隊士 幕末】


土方 歳三
職名 副長
出身 武蔵国多摩
終焉場所 五稜郭一本木
終焉方法 戦死






天然理心流に入門し近藤勇と出会う。その後「清川八郎」が草案した浪士組みの結成に加わって近藤・沖田らと上洛する。京都では清川の狙いが尊王攘夷にあることが発覚し、京都に残り近藤と共に会津藩お預かり「新撰組」を結成し副長となる。結成後は「池田屋事件」などで多くの浪士や統幕派の長州藩士などを取り締まり、そして切った。

このことが後の戊辰戦争で最後まで新撰組隊士が恨まれる所以となる。徳川慶喜が二条城にて「大政奉還」をすると、薩摩・長州の軍と幕府軍との間で「鳥羽伏見の戦い」が勃発。戦中に「錦の御旗」が立つなどして幕府軍は賊軍となってしまう。これにより流れが一気に代わり旧幕府軍はこの戦に敗れ散り散りになりながらも江戸へ帰環する。

江戸への帰環後は「甲州勝沼の戦い」で板垣退助に敗れ、江戸を脱出して北関東(宇都宮城や日光)、そして会津に転戦し敗れ、最後は函館戦争に陸軍奉行として参加する。開陽丸を江刺で失った(座礁により)旧幕府軍は新政府軍の「甲鉄艦」奪取すべく、宮古湾海戦を挑むことになる。

※歳三が乗船した回天丸
歳三が乗船した回天丸

歳三は「回天丸」に乗り込み参加するが甲鉄艦奪取作戦(アボルダージュ)は失敗に終わる。明治2年、ついに新政府軍が蝦夷へ上陸し、各地から函館「五稜郭」を目指して進軍する。歳三は函館への山沿いの玄関口「二股口」に防塁を築いてここを死守した。しかし、旧幕府軍は物量や武器で勝る新政府軍に徐々に追い詰められ、歳三はわずか隊士50人で「弁天台場」に向かう途中一本木関門にて戦死した。

激動の幕末を最後まで自分の生き方で貫いた生き様だった。

※函館五稜郭
函館五稜郭

※弁天台場跡
弁天台場跡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る