関ヶ原の戦いの戦闘に参加しなくても出世した男 山内一豊【日本の歴史ブログ】

関ヶ原の戦いの戦闘に参加しなくても出世した男 山内一豊【日本の歴史ブログ】

※この史跡はまだ評価がありません※

■ 日本の歴史ブログ
関ヶ原の戦いの戦闘に参加しなくても出世した男 山内一豊

生きるか死ぬかの激しい戦国時代のさなか、実際に「関ヶ原の戦い」の戦闘に加わらなくても大いに出世した男がいた。それが土佐一国の城主となった山内一豊だ。

一豊がどのように出世をしたのか、その一部をご紹介させて頂きます。慶長五年(1600年)六月から始まった会津征伐(上杉征伐)は、上方での石田三成挙兵の報を聞いた徳川家康が七月二十五日の『小山評定』で中断を決定する。

家康は三成との戦いのため西へ転進した。この時行われた『小山評定』こそが山内一豊出世の糸口となった。まず、一豊は三成挙兵と同時に西軍(反家康軍)から届いた手紙を封を切らずに家康へ見せたと言われている。

※小山評定跡地
小山評定跡地

次に「福島正則」が家康へ味方する旨、公言したのに続き、一豊は自分の城「掛川城」を家康に献上する旨申し出た。この申し出を機に、評定に参加していた諸将は我よ我よと家康に味方する旨申し出たという。

※山内一豊が関ヶ原の戦い当時城主だった掛川城
山内一豊が関ヶ原の戦い当時城主だった掛川城

その後、関ヶ原の戦いでの山内一豊の戦功は芳しくない。主に後方支援の担当だった。それにも関わらず一豊は家康から土佐一国(現:高知県)を褒美として賜ることになる。

一豊にとって、この『小山評定』こそが一世一代の大芝居だったのかもしれない。先を読む力、人の心を掴む力、これこそが一豊にとっては最大の武器だったのかもしれませんね。なお、この逸話は陰で夫を支え続けた妻「千代」の入れ知恵とも言われているようです。

※山内一豊が関ヶ原の戦い後に城主となった高知城
山内一豊が関ヶ原の戦い後に城主となった高知城

【小山評定跡・所在地・アクセス】
栃木県小山市下国府塚 小山評定跡






【城地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

みんなの史跡評価ランキング

1 泉岳寺:浅野内匠頭以下赤穂浪士47名が眠る東京都港区の泉岳寺【日本の歴史 写真集(寺)】
5/5 (2)
2 松前城:戊辰戦争で榎本武揚の旧幕府軍と交戦 新撰組にも攻撃された松前城(福山城)【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
3 津山城:織田信長の小姓森3兄弟(蘭丸・坊丸・力丸)の末弟 森忠政が居城 津山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
4 松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
5 大阪城:大阪冬の陣・夏の陣にて淀君・豊臣秀頼が自刃!豊臣秀吉が築城した大阪城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
6 五稜郭:榎本武揚や旧幕府軍最後の抵抗 日本初の西洋城郭五稜郭【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
7 姫路城:白壁が美しい白鷺城 ユネスコ世界遺産 現存天守国宝 姫路城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
8 二条城二ノ丸御殿:国宝 ユネスコ世界文化遺産の二条城二の丸御殿(遠侍と車寄)【日本の歴史 お城特集】
5/5 (1)
9 竹田城:圧倒的な石垣に囲まれた典型的な山城 赤松広秀が大改修した天空の城 竹田城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
10 琉球藩/尚氏8万9千石:尚泰 明治政府より琉球藩王に任命されるも最後は東京へ連行された尚泰【幕末維新写真館】
5/5 (1)

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る