松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】


【城名】
松山城

【松山城の説明】
松山城は愛媛県松山市にあった城である。別名を金亀城(きんきじょう)勝山城(かつやまじょう)と呼ばれ「日本三大平山城」にも数えられている。山頂にある天守は日本の12ヶ所に存在する天守の一つである。各地の松山城と区別するため「伊予松山城」とも呼ばれる。

慶長7年(1602年)に伊予国正木城(松前)城主「加藤嘉明」が関ヶ原の戦いの戦功により10万石から20万石に加増され、家臣の「足立重信」を城普請奉行に任命し平山式の城の築城に着手した。そして、この地を「松山」と呼ぶことに決め公式に松山という地名が誕生した。

松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】

しかし、嘉明は寛永4年(1627年)は会津藩への転封が決まり、変わって「蒲生忠知(蒲生氏郷の孫)」が、24万石にて松山藩主になる。寛永11年(1634年)8月、忠知が参勤交代の途中に急死し蒲生家が断絶した為、大洲藩主「加藤泰興」が松山城を預かり松山城在番となる。

松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】

寛永12年(1635年)7月に「松平定行」が15万石にて入封し明治維新まで松平家がこの地を治めることになる。山頂の本丸北部には本壇という天守曲輪を持ち、大天守と小天守・南隅櫓・北隅櫓を3棟の渡り廊下で連結し連立式天守をなしている。

松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】

現在は、城跡の主要部分が公園として整備され、天守を含む21棟の建造物が現存し、それぞれ国の重要文化財に、城郭遺構は国の史跡に指定されている。

松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】

※伊予松山城は日本100名城81番に選定されている。






【松山城・場所・アクセス】
〒790-0008 愛媛県松山市丸之内1

【松山城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る