騎西城(私市城):大久保忠隣の孫忠職が加納城へ移封され廃城となった騎西城【お城特集 日本の歴史】

騎西城(私市城)/アクセス・場所・地図 大久保忠隣の孫忠職が加納城へ移封され廃城となった騎西城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
騎西城(私市城)

【騎西城(私市城)の説明】
騎西城は埼玉県加須市にあった平城で、別名「私市城」とも呼ばれていた。
築城時期は不明だが、康正元年(1455年)に古河公方「足利成氏」が山内上杉氏の家臣「長尾景仲」の居城「騎西城」を攻め落としたという初見が残っている。

騎西城(私市城)/アクセス・場所・地図 大久保忠隣の孫忠職が加納城へ移封され廃城となった騎西城【お城特集 日本の歴史】

その後、小田顕家が種垂城から移り騎西城主となる。顕家は実子に恵まれず忍城主「成田親泰」の子「朝興」を養子に迎え自身は隠居した。

永禄6年(1563年)、武蔵松山城が「北条氏康」の攻撃を受けると、上杉謙信は救援に向かうが着陣する前に城は落とされてしまった。このため、小田朝興の守る騎西城を攻撃して城を攻め落とした。

騎西城(私市城)/アクセス・場所・地図 大久保忠隣の孫忠職が加納城へ移封され廃城となった騎西城【お城特集 日本の歴史】

天正2年(1574年)、北条氏康・氏政・氏照父子が「簗田晴助」の守る「関宿城」を攻撃。上杉謙信は佐竹義重や宇都宮広綱らとともに救援に向かい、その際、再び北条氏の城となっていた「騎西城」も焼き打ちにしている。

関宿合戦は最終的には北条氏が制し、関宿城を北関東進出の拠点とした。一方「騎西城」は天正18年(1590年)、豊臣秀吉による「小田原征伐」の際に北条方だったため、豊臣軍の攻撃を受けて落城。

騎西城(私市城)/アクセス・場所・地図 大久保忠隣の孫忠職が加納城へ移封され廃城となった騎西城【お城特集 日本の歴史】

北条氏を滅ぼした秀吉は関東一帯を「徳川家康」に与え、関東に入部した家康は2万石で「松平康重」を騎西城主とした。慶長6年(1601年)、康重が常陸国「笠間城」に転封となると、小田原城の「大久保忠隣」の嫡男「忠常」が2万石で入封する。

慶長16年(1611年)、大久保忠常が死去すると幼少の「忠職」が跡を継ぐが、祖父「大久保忠隣」が大久保長安事件の罪に問われると、他の一族と同様に蟄居の身となった。その後、忠職は許され、寛永9年(1632年)美濃加納城に移封となり、これにより騎西城は廃城となった。

騎西城(私市城)/アクセス・場所・地図 大久保忠隣の孫忠職が加納城へ移封され廃城となった騎西城【お城特集 日本の歴史】

現在の騎西城跡には歴史資料館として「模擬天守」が建っており、城の遺構としては「私市城」時代の石碑や土塁が残るのみである。






【騎西城(私市城)・場所・アクセス】
〒347-0104 埼玉県加須市根古屋633-2

【騎西城(私市城)地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

    • Jphistory
    • 2016年 12月 06日

    Is it possible to comment in English?
    Thank you.

      • Jphistory
      • 2017年 1月 10日

      Is possible.
      Thanking you in advance.

  1. 2016年 12月 06日

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る