上山城:最上義光の一族で天童家の庶流上山満兼の居城上山城【お城特集 日本の歴史】


【城名】
上山城

【城の説明】
上山城は現在の山形県上山市にあった城で、江戸時代には上山藩の政庁がおかれた地である。戦国時代には最上一族の天童氏の庶流「上山氏」が治める城であったが、(永正5年)1508年に伊達氏により攻められ落城した。その後、再び上山氏が城を奪還し城主としておさまった。

上山城:最上義光の一族で天童家の庶流上山満兼の居城上山城【お城特集 日本の歴史】

その頃、天童氏は次第に主家である最上家と衝突することになり、一族の上山氏もこれに従う。天正8年(1580年)には最上家当主「最上義光」の陰謀により再び上山城は落城し、以後最上家の支城としてその役割を果たす。

元和8年(1622年)になると家督争いが勃発し最上家は改易に処された。最上家改易の後は目まぐるしく城主がかわり、「松平氏」「蒲生氏」「土岐氏」「金森氏」へと移った。その後、藤井氏(松平氏)が城主となりそのまま明治維新を迎えている。

上山城:最上義光の一族で天童家の庶流上山満兼の居城上山城【お城特集 日本の歴史】

現在の上山城には、本丸跡・内堀・土塁・石垣の一部が残り天守は鉄筋コンクリートによる模擬天守である。






【上山城・場所・地図】
〒999-3154 山形県上山市元城内3-7

【上山城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る