村松藩/堀家3万石:堀直弘 藩主は奥羽越列藩同盟に殉じた村松藩【幕末維新写真館】

村松藩/場所・アクセス・地図 堀家3万石:堀直弘 藩主は奥羽越列藩同盟に殉じた村松藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
村松藩

【説明】
幕末期の村松藩内では尊王論が台頭し、尊王攘夷と軍制改革を主張する一派と対立し、慶応2年(1866年)11月に「村松七士事件(尊王攘夷派7名を保守派が処刑した事件)」が起こるなど、藩内は混乱を極めた。

このため「戊辰戦争」に際して、新政府に与するべきと主張する正義党の「近藤安五郎」を中心とした一派と、第11代藩主「堀直賀」を中心とした保守的な佐幕派に藩論が分裂した。藩主が「奥羽越列藩同盟」に参加し、新政府軍からの攻撃を受けて米沢藩に逃れると、安五郎は第9代藩主「堀直央」の末子に当たる「堀直弘」を新藩主として擁立して即座に新政府に降伏した。

このため、村松藩は所領を安堵された。明治4年(1871年)の「廃藩置県」により村松県となり、同年末には新潟県に併呑された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る