池内蔵太 宛

池内蔵太 宛

※この史跡はまだ評価がありません※

池内蔵太 宛

原文
去月二十九日上関に薩の小蝶丸にて参りたり。然るに此度の用事は云々、先づ京師のヨフスは去月十五日将軍上洛、二十一日、一、会、桑、暴に朝廷にせまり、追討の命をコフ。挙朝是にオソレユルス。諸藩さ〃ゆる者なし。唯薩独り論を立たり。其よしは将軍廿一日参内、其朝大久保尹宮に論じ、同日二条殿に論じ、非義の勅下り候時は、薩は不奉と迄論じ上げたり。されども幕のコフ所にゆるせり。薩云々等朝に大典の破し事憤りて、兵を国より召上せ、既に京摂間に事あらんと。龍也此度山口に行、帰りに必ず面会、事により上に御同じ可仕候かとも存候。何れ近日、先は早々頓首。三日内蔵太様龍馬
現代文
さる9月29日上関町(山口県)にて薩摩藩の小蝶丸で来ました。この度の用事をあれこれ書きます。まず京都の様子は去月15日に将軍が上洛しました。21日、一橋、会津、桑名がにわかに朝廷にせまり、長州藩追討の命を願い出る。朝廷はこの勢いに押されてそれを許す。諸藩でさえぎる者はいない。ただ、薩摩藩だけは議論を立てている。将軍は21日に参内、この朝、大久保利通は中川の宮に話し、同じ日関白二条斉敬にも話して、そのような勅命が下っても薩摩藩は従わないと言った。でも、幕府は勅命に従うように言ってきている。薩摩藩は大事なことを破ったとして非常に怒り、兵を国から上京させてすでに京都、大阪に滞在している。龍馬はこの度山口に行き、帰りに必ず面会して、ことによっては上京に同行させてもらおうかと思っている。まずはこれにて。3日内蔵太様龍馬より

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る