山形城:出羽統一を果たした戦国大名最上義光 最上家廃絶後は鳥居忠政の居城 山形城【お城特集 日本の歴史】

yamagata-02

【城名】
山形城

【城の説明】
山形城は山形県山形市霞城町にあった城である。別名で「霞城」「霞ヶ城」とも呼ばれており、国の史跡に指定されている。基礎的な部分は「最上義光」の時代につくられ、鳥居忠政が藩主の時代に現在の形に整えられたものである。

山形城:出羽統一を果たした戦国大名最上義光の居城 山形城【お城特集 日本の歴史】

延文元年(1356年)に「斯波兼頼」が羽州探題として山形に入部し、1357年頃に初期の山形城が築城される。当初山形城は最上屋形と称しており、この頃から斯波兼頼は最上姓を名乗るようになる。

戦国時代に入ると「最上義光」が、慶長年間に城郭を拡大し、城下町を整備した。義光は外交・戦など様々な面で能力があり、出羽統一を目指して戦を続けた。その結果、天童家・山上家・寒河江家・小野寺家・大宝寺家などを次々と滅ぼしついに出羽統一を果たす。

山形城:出羽統一を果たした戦国大名最上義光の居城 山形城【お城特集 日本の歴史】

義光は関ヶ原の戦いでは徳川型につき、その戦功で出羽57万石を配領する。しかし、義光の死後、孫に当たる「義俊」の代に最上氏がお家騒動で改易となり徳川家の重臣「鳥居忠政」が入封した。

山形城:出羽統一を果たした戦国大名最上義光の居城 山形城【お城特集 日本の歴史】

鳥居氏以後、たびたび藩主が代わり、改修もなされたが、山形藩を治める藩の石高も減少したため、江戸中期以降は城の維持が困難になる。現在は、城郭のほとんどが失われ、二ノ丸跡が霞城公園として整備されている。






【山形城・場所・アクセス】
山形県山形市霞城町1-1

【山形城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る