西条陣屋(西条藩):一柳氏が3代で改易され紀州藩の支藩として松平氏が治めた西条陣屋【お城特集 日本の歴史】

西条陣屋(西条藩)/アクセス・場所・地図 一柳氏が3代で改易され紀州藩の支藩として松平氏が治めた西条陣屋【お城特集 日本の歴史】

※この史跡はまだ評価がありません※

【城名】
西条陣屋(西条藩)

【西条陣屋(西条藩)の説明】
西条陣屋は、愛媛県西条市明屋敷にあった西条藩の藩庁である。
寛永13年(1636年)、伊勢国神戸藩5万石から1万8千石の加増をうけ6万8千石で「一柳直盛」が立藩した。

西条陣屋(西条藩)/アクセス・場所・地図 一柳氏が3代で改易され紀州藩の支藩として松平氏が治めた西条陣屋【お城特集 日本の歴史】

しかし直盛は神戸から西条への移動中に病死してしまい、急遽嗣子の「直重」が3万石にてその後を継いだ。直重は西条陣屋町や商人町などを整備し陣屋の拡張も行った。

西条陣屋(西条藩)/アクセス・場所・地図 一柳氏が3代で改易され紀州藩の支藩として松平氏が治めた西条陣屋【お城特集 日本の歴史】

寛文5年(1665年)、直重の子「直興」は江戸幕府から失政などを咎められ改易となってしまう。これにより一柳氏は3代で大名の地位を失った。一柳氏改易後、西条の地は5年間は天領(幕府の領地)とされたが寛文10年(1670年)、紀州藩初代藩主「徳川頼宣」の三男「松平頼純」が3万石で入封した。

西条陣屋(西条藩)/アクセス・場所・地図 一柳氏が3代で改易され紀州藩の支藩として松平氏が治めた西条陣屋【お城特集 日本の歴史】

以降松平氏が10代続き「松平頼英」の時に明治維新を迎えた。現在の西条陣屋跡は愛媛県立西条高等学校の敷地となっているが、大手門( 西条高等学校正門)がそのままの位置に現存、北御門(西条高校正面横)、土塁(大手門両脇)、水堀・石垣(西条高校敷地周囲)などの遺構が残されている。

西条陣屋(西条藩)/アクセス・場所・地図 一柳氏が3代で改易され紀州藩の支藩として松平氏が治めた西条陣屋【お城特集 日本の歴史】

なお、幕末の西条藩はいち早く新政府軍に恭順し、その家名を保った。

西条陣屋(西条藩)/アクセス・場所・地図 一柳氏が3代で改易され紀州藩の支藩として松平氏が治めた西条陣屋【お城特集 日本の歴史】






【西条陣屋(西条藩)・場所・アクセス】
〒793-0023 愛媛県西条市明屋敷234

【西条陣屋(西条藩)地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る