大館城(出羽):戦国時代に浅利勝頼が築城し秋田氏により滅ぼされた出羽大館城 【お城特集 日本の歴史】

大館城(出羽)/アクセス・場所・地図 戦国時代に浅利勝頼が築城し秋田氏により滅ぼされた出羽大館城 【お城特集 日本の歴史】

【城名】
大館城(出羽)

【大館城(出羽)の説明】
大館城はは秋田県大館市にあった平城で、別名桂城とも呼ばれている。
源頼朝の奥州征伐の後、頼朝の御家人「浅利氏」が地頭職となったのが比内浅利氏のはじまりとされている。

しかし、当時は館程度のものがあったと考えられており、大館城の築城は天正10年(1582年)前に「浅利勝頼」により築城されたと伝えられている。

大館城(出羽)/アクセス・場所・地図 戦国時代に浅利勝頼が築城し秋田氏により滅ぼされた出羽大館城 【お城特集 日本の歴史】

戦国時代に入ると比内地方は浅利氏、南部氏、秋田氏(安東氏)、津軽氏の争いの場となる。浅利氏は当主「勝頼」の死後、後を継いだ「浅利頼平」が慶長3年(1598年)に急死したことで断絶し、以降「秋田氏(安東氏)」が治める地となる。

大館城(出羽)/アクセス・場所・地図 戦国時代に浅利勝頼が築城し秋田氏により滅ぼされた出羽大館城 【お城特集 日本の歴史】

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで秋田氏は「常陸国」へ移封となり、代わりに常陸の「佐竹義宣」が久保田城へ入封した。大館城は佐竹氏の支城として横手城と同様に「一国一城令」の例外とされ破却されずにいた。

城代には「小場義成」、2代目城代「小場義易」と続き、4代目城代「佐竹義武」が大館城の東に大館八幡神社を建立した。江戸期を通じて佐竹氏の支城として存続し、幕末の明治維新(戊辰戦争)では「奥羽越列藩同盟」の一員である南部氏が新政府軍に加担する秋田藩を攻撃し、大館城代「佐竹義遵」は城に火をかけて久保田城へ退去した。

大館城(出羽)/アクセス・場所・地図 戦国時代に浅利勝頼が築城し秋田氏により滅ぼされた出羽大館城 【お城特集 日本の歴史】

現在の大館城跡は「桂城公園」として整備されており、土塁や堀などの遺構が残っている。






【大館城(出羽)・所在地・アクセス】
〒017-0891 秋田県大館市字中城1

【大館城(出羽)マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る