逆井城(飯沼城):逆井氏滅亡後は北条氏繁が統治した下野・常陸の拠点 逆井城【お城特集 日本の歴史】

逆井城(飯沼城)/アクセス・場所・地図 逆井氏滅亡後は北条氏繁が統治した下野・常陸の拠点 逆井城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
逆井城(飯沼城)

【逆井城(飯沼城)の説明】
逆井城は茨城県坂東市逆井にあった戦国時代の平城である。
築城時期は明確ではないが「小山義政」の五男「常宗」がこの地を領して城を築き、逆井氏を名乗ったと伝わっている。

逆井城(飯沼城)/アクセス・場所・地図 逆井氏滅亡後は北条氏繁が統治した下野・常陸の拠点 逆井城【お城特集 日本の歴史】

天文5年(1536年)、常宗の孫「常繁」が城主のとき古河公方方であった「逆井常繁」は北条氏と対立した。そのため北条家家臣の「大道寺盛昌」の攻撃を受け逆井城は落城し、逆井氏は滅亡した。

逆井城(飯沼城)/アクセス・場所・地図 逆井氏滅亡後は北条氏繁が統治した下野・常陸の拠点 逆井城【お城特集 日本の歴史】

下野・常陸の重要拠点だった逆井城には、天正5年(1577年)玉縄城主「北条氏繁」が城主として入城。城を大改修し、佐竹氏・多賀谷氏に備えた。そして城名も「飯沼城」と改めた。

逆井城(飯沼城)/アクセス・場所・地図 逆井氏滅亡後は北条氏繁が統治した下野・常陸の拠点 逆井城【お城特集 日本の歴史】

天正6年(1578年)、北条氏繁は逆井城(飯沼城)で没し、その後を子の「氏舜・氏勝」兄弟が継いだ。その後「氏勝」は山中城主に任命されている。天正18年(1590年)、豊臣秀吉の「小田原征伐」が開始されると北条家の城は次々と落城し逆井城(飯沼城)も降伏・開城した。

逆井城(飯沼城)/アクセス・場所・地図 逆井氏滅亡後は北条氏繁が統治した下野・常陸の拠点 逆井城【お城特集 日本の歴史】

なお北条征伐当時の逆井城(飯沼城)主は不明である。城は北条征伐後に廃城となった。現在の城跡は「逆井城跡公園」として整備され、櫓・土塀・櫓門・木橋などが復元されている。






【逆井城(飯沼城)・場所・アクセス】
〒306-0501 茨城県坂東市逆井1261

【逆井城(飯沼城)地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る