浜田城:家康より古田重治が拝領し幕末には松平武聡が長州藩の攻撃により城を焼失 浜田城【お城特集 日本の歴史】

浜田城/アクセス・場所・地図 家康より古田重治が拝領し幕末には松平武聡が長州藩の攻撃により城を焼失 浜田城【お城特集 日本の歴史】

※この史跡はまだ評価がありません※

【城名】
浜田城

【浜田城の説明】
浜田城は島根県浜田市殿町にあった平山城である。
大坂の陣の功績により「古田重治」が家康より5万4000石にてこの地に入封し城や城下町を築いた。

浜田城/アクセス・場所・地図 家康より古田重治が拝領し幕末には松平武聡が長州藩の攻撃により城を焼失 浜田城【お城特集 日本の歴史】

二代当主「古田重恒」の時にお家騒動が勃発し改易された。その後、松平康映が入封し5代続いたあとは次々と譜代大名や親藩大名が入れ替わり城主に任命される。幕末時の浜田藩は「松平武聡」が当主で「大村益次郎」率いる長州藩の攻撃を受け、城を捨て後退し浜田城は焼失した。

浜田城/アクセス・場所・地図 家康より古田重治が拝領し幕末には松平武聡が長州藩の攻撃により城を焼失 浜田城【お城特集 日本の歴史】

浜田城/アクセス・場所・地図 家康より古田重治が拝領し幕末には松平武聡が長州藩の攻撃により城を焼失 浜田城【お城特集 日本の歴史】

現在の浜田城跡は「城山公園」として整備されているほか、石垣や土塁などの遺構が残っている。また、昭和42年(1967年)には津和野藩武家屋敷の門が浜田城跡の山麓に移築された。

浜田城/アクセス・場所・地図 家康より古田重治が拝領し幕末には松平武聡が長州藩の攻撃により城を焼失 浜田城【お城特集 日本の歴史】

【浜田城・場所・アクセス】
〒697-0027 島根県浜田市殿町123-1






【浜田城地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る