高山右近:高槻城主キリシタン大名 高山右近(ジュスト右近)前編【日本の歴史ブログ】

高山右近:高槻城主キリシタン大名 高山右近(ジュスト右近)前編【日本の歴史ブログ】

※この史跡はまだ評価がありません※

■ 日本の歴史ブログ
高槻城主キリシタン大名 高山右近(ジュスト右近)前編

高山右近(たかやま うこん)は、戦国時代の武将から大名にまでなった人物である。高山右近はキリシタン大名としてその名を知られている。

洗礼名は「ジュスト」という名でポルトガル語では「正義の人」を意味する。右近は茶道も極めており、号を南坊と称し千利休の「利休七哲」の一人としても知られる。

高山右近:高槻城主キリシタン大名 高山右近(ジュスト右近)前編【日本の歴史ブログ】

高山氏は摂津国三島郡高山庄(大阪府豊能郡豊能町高山)出身の国人で、右近は天文21年(1552年)に父・友照の嫡男として生まれた。この頃、高山氏の所領がある摂津においては池田氏・伊丹氏などが独自の勢力を強めつつあった。

永禄11年(1568年)に織田信長が圧倒的な軍事力により京へ上洛し、足利義昭を第15代将軍の座に据える。摂津の国には足利義昭の直臣である「和田惟政」を高槻城に配し、伊丹親興・池田勝正を加えた3人を摂津の3守護に任命した。

そして、高山父子は高槻城主の「和田惟政」に仕えることとなった。しかし、元亀2年(1571年)和田惟政が池田氏の重臣「荒木村重」と「中川清秀」の軍に敗れて討死し、その後まもなくして、その「荒木村重」が今度は主君の池田氏そのものを滅ぼしてしまう。

村重は織田信長に接近して「摂津国の切り取り勝手」の承諾を得ると、信長に敵対する三好氏に再び接近した伊丹氏を滅ぼす。一方、惟政の死後「高槻城」はその子・惟長が城主となったが、まだ17歳だったため叔父の「和田惟増」が惟長を補佐していた。

しかし、どういうわけか惟長はこの叔父を殺害してしまい、さらに高山親子を快く思わない他の重臣達の進言により高山親子をも討とうとしていた。高山家ではこのことを「荒木村重」に相談し、力添えを得る確約をもらった。

元亀4年(1573年)3月、ついに惟長は反高山派の家臣と共に、高山父子を呼び出しこれを討とうと画策。しかし、高山親子はそれを知りながら家臣と共に惟長のもとへ向かい、待ち受けていた反高山派の一団と切りあいの末、どうにか惟長を高槻城から追いやることに成功する。

摂津の国はすでに荒木村重が織田信長より「切り取り勝手」の承諾を得ていたので、高山親子はそのまま高槻城主に収まり荒木村重の配下となる。高山親子はまもなく高槻城の修築工事を行い、石垣や塗り壁などを当時流行していた様式改めた。

高山右近:高槻城主キリシタン大名 高山右近(ジュスト右近)前編【日本の歴史ブログ】

その後、父「高山友照」が50歳となった頃高槻城主を右近に譲り、右近は高山家の当主となったのである。

~ 後編へ続く ~

【高槻城・場所・アクセス】
〒569-0075 大阪府高槻市城内町






【高槻城地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

みんなの史跡評価ランキング

1 泉岳寺:浅野内匠頭以下赤穂浪士47名が眠る東京都港区の泉岳寺【日本の歴史 写真集(寺)】
5/5 (2)
2 松前城:戊辰戦争で榎本武揚の旧幕府軍と交戦 新撰組にも攻撃された松前城(福山城)【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
3 津山城:織田信長の小姓森3兄弟(蘭丸・坊丸・力丸)の末弟 森忠政が居城 津山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
4 松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
5 大阪城:大阪冬の陣・夏の陣にて淀君・豊臣秀頼が自刃!豊臣秀吉が築城した大阪城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
6 五稜郭:榎本武揚や旧幕府軍最後の抵抗 日本初の西洋城郭五稜郭【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
7 姫路城:白壁が美しい白鷺城 ユネスコ世界遺産 現存天守国宝 姫路城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
8 二条城二ノ丸御殿:国宝 ユネスコ世界文化遺産の二条城二の丸御殿(遠侍と車寄)【日本の歴史 お城特集】
5/5 (1)
9 竹田城:圧倒的な石垣に囲まれた典型的な山城 赤松広秀が大改修した天空の城 竹田城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
10 琉球藩/尚氏8万9千石:尚泰 明治政府より琉球藩王に任命されるも最後は東京へ連行された尚泰【幕末維新写真館】
5/5 (1)

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る